脱毛知恵袋

脱毛サロンで正しく脱毛!脱毛の仕組みを知って美しい艶肌を手に入れよう!

夏が近づくと、女性は特にムダ毛が気になってきます。

肌の露出が増える季節だけに、いろいろな部位のムダ毛が気になるものです。

 

脱毛は、多くの女性が経験するものであり、自分で処理したり、脱毛の専門家にお願いしたりと、その方法は様々です。

脱毛を専門的に施術してくれる施設の1つに、脱毛サロンがあります。

 

一般的にエステサロンと呼ばれるところですが、エステサロンでする脱毛とは、どういったものなのでしょうか。

エステサロンの脱毛

脱毛を専門的に行う施設には、大きくわけて2つあります。

美容皮膚科などの医療クリニックと、エステサロンの2つです。

 

医療クリニックで行われる脱毛方法は、レーザー脱毛と呼ばれ、永久脱毛が可能な脱毛方法です。

エステサロンで行う脱毛方法は、主に光脱毛と呼ばれる脱毛方法で、一般的に広く行われている脱毛方法です。

 

医療クリニックで施術されるレーザー脱毛は、医療行為でもあることから、出力の高い光を照射することができるものです。

医療行為であるため、医師の資格を持った人間でなければ、施術することができません。

 

光脱毛は、レーザー脱毛ほどの強い出力の光ではなく、弱い光を照射するものです。

そのため、肌への負担が少なく、脱毛で感じる痛みもレーザー脱毛ほどではありません。

 

また、医療行為ではないことから、誰にでも施術することが可能です。

毛周期と脱毛の仕組み

脱毛は、いつ施術してもその効果が得られるわけではありません。

肌が一定のサイクルで生まれ変わるターンオーバーを繰り返しているように、毛にも生まれ変わりのサイクルがあるのです。

 

古い毛が抜け落ち、新しい毛が誕生する毛の生まれ変わりのサイクルを、毛周期と呼びます。

この、毛周期のサイクルに合わせて脱毛の施術をしなければ、いっこうに脱毛の効果は得られません。

 

脱毛に最適の時期は、毛周期の中でも「成長期」と呼ばれる時期です。

また、レーザー脱毛も光脱毛も、毛のメラニン色素と呼ばれる黒い組織に反応する光を照射して脱毛する仕組みです。

 

毛周期の中でも成長期にあたる時期は、毛母細胞が活発化する時期でもあることから、メラニン色素が濃い時期です。

そのため、メラニン色素に反応しやすい成長期にこそ脱毛することで、その効果を得られることができる仕組みとなっています。

 

ですが、1度や2度光を照射しただけでは、脱毛は完了しません。

個人差はありますが、成長期のタイミングに合わせて、数か月おきに何度か施術することで、脱毛が完了します。

 

エステサロンで施術される光脱毛は、レーザー脱毛に比べるとその威力が弱いため、脱毛が完了するまで時間を要します。

夏に人気の脱毛部位

エステサロンで施術される脱毛の中で、人気の部位について見てみましょう。

わき

夏になると、ノースリーブなどのファッションが増え、肌の露出が増えてきます。

ですが、わきは夏の季節だけでなく、オールシーズンで人気の部位です。

 

自分で処理する人もたくさんいますが、わきの毛は、太く濃いため、脱毛すると痛みを伴うことがほとんどです。

毛周期のサイクルもほかの部位に比べると早いため、自己処理が面倒に感じるものです。

 

そのような煩わしさから解放される意味も含めて、人気の高い脱毛部位となっています。

背中

背中は、自己処理がとても難しい部位です。

にもかかわらず、夏になると水着や浴衣など背中が露出する機会が増えるものです。

そのため、夏になると特に人気がでてくる脱毛部位となっています。

 

背中は、意外と皮脂の分泌が多い部位であり、手入れがしづらいところでもあります。

そのため、肌トラブルがおきやすい部位でもあるのです。

 

そのような肌トラブルを少しでも減らす目的も含めて、人気のある脱毛部位となっています。

VIO脱毛

VIO脱毛とは、女性のデリケートゾーンを総称した脱毛部位です。

水着という夏の特別なファッションを楽しむ際に、特にムダ毛が気になる部位でもあります。

また、女性にとってデリケートゾーンは、生理などが原因で不衛生になりやすい環境でもあります。

 

そのため、衛生面を考えて思い切って脱毛する人が急増中です。

脱毛サロンで脱毛する際の注意点

では、エステサロンなどの脱毛サロンで脱毛する際には、どんなことに気を付けなくてはいけないでしょうか。

リスクを理解する

レーザー脱毛も、光脱毛も、光を照射して脱毛する仕組みです。

そのため、肌が軽くやけどを起こしたような状態になることもあります。

また、脱毛が原因で肌荒れを起こす可能性も充分にあるものです。

 

それは、どちらの脱毛方法を選択しても、起こりうるリスクであるということを理解しなくてはいけません。

どんなリスクがあるかしっかり理解したうえで、脱毛するようにしましょう。

アフターケアを怠らない

エステサロンなどで脱毛した際には、脱毛部位をクールダウンさせるために必ず冷却するものです。

ですが、エステサロンの処置だけに頼らず、自分自身でもアフターケアに注意することが大事なのです。

 

脱毛後は、肌が弱い状態にあるため、保湿などのアフターケアを自分自身で行う必要があります。

人任せにせず、自分自身でもアフターケアをするという自覚が、脱毛後の肌トラブルを防ぐのです。

こちらの特集記事もいかがですか? 脱毛キャンペーン 脱毛スプレー「ケナイン」はこちら

 

関連記事

  1. ワキ広告にライバル心
  2. SHR脱毛とは?

    脱毛サロンガイド

    SHR脱毛のメリットやデメリットを説明します!SHR脱毛サロンの一覧とマップも掲載。

    最近、新しい脱毛サロンが次々に誕生して、店舗数や会員数を増やしているの…

  3. 脱毛知恵袋

    脱毛中にこれだけは持っておきたい、おすすめのカミソリ

    ムダ毛処理に欠かせない「カミソリ」。全身脱毛中でもカミソリはまだまだ手…

  4. 脱毛知恵袋

    脱毛すると、なぜ肌がキレイになる?でも毛抜きやカミソリの自己処理だと…

    「脱毛をすると肌がキレイになっていく―。」これは脱毛経験者から…

  5. 脱毛知恵袋

    脱毛は毛周期に合わせる必要が…ない!?脱毛サロンと施術間隔の関係。

    脱毛は毛周期に合わせて行う必要がある―、これはサロンなどで脱毛を行う場…

  6. 脱毛知恵袋

    光脱毛の種類と特徴を、カンタンにまとめました。IPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛・ハイパースキン脱毛…

    この記事では、光脱毛の4つの方法の説明と効果の出方をわかりやすく説明し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SHR脱毛とは?
  2. 脱毛キャンペーン
  3. ヴィトゥレ
  4. ラココ(Lacoco)
  5. ストラッシュ
  1. ケノン ひざ下

    家庭用脱毛器

    家庭用脱毛器ケノンで足・ひざ下を脱毛してみた【1回目レポート】
  2. ケノン サングラス

    家庭用脱毛器

    ケノンでひざ下脱毛【2回目】照射レベル10にチャレンジ!気になる痛みは…
  3. 脱毛サロン一覧

    【ビー・エスコート】口コミや紹介でやってくるユーザーが7割。キャンペーン料金は驚…
  4. トリア4x

    家庭用脱毛器

    家庭用レーザー脱毛器トリアでVIO脱毛を開始!レベル1・レベル3の痛みと効果は?…
  5. トリア 電源ON

    家庭用脱毛器

    トリアで、肌トラブル(涙)毛嚢炎になってしまったので少し休憩…
PAGE TOP