脱毛サロンガイド

脱毛サロンはどこがいい?全身も部分も脱毛サロン比較ガイドで解決!

先日、私の元同級生であり友人(ちなみにミツコ。以降はミツコって書きます)が、ムダ毛について笑いながら(でも内心は多分かなり本気で…)相談してきたんですが、これを見ているあなたも同じような悩みや思いを抱いてるんじゃないかと考えたので、今回、エステティシャンの経験を活かして、思い切ってまとめてみることにしたのがこの記事なんです。

これを読めば脱毛や脱毛サロンのすべてが分かる―、というぐらい気合いを入れました。ちなみに、ミツコの相談はこんな感じでした。

季節も変わり、着る服も変わって、(偶然だけど)新しい社員も加わり職場の雰囲気も変わり、それに合わせるように気持ちも前向きに変わり―。で、ふと腕や脚を見ると自分のムダ毛は変わってない…。ヤバ…。処理しなきゃ…。ってことに。

女性用シェーバー

いつものごとくシェーバーなどでのお手入れを思い描いていると、ふと周りの女子の脱毛サロンブームが気になりだして… 1人が行き出すと、それに釣られるように通い出す人が増えていくのが気になる… これって、各サロンがほとんど月替わりで展開しているキャンペーンが影響しているんですが、詳しくは後程…

そしてもっと気になるのが、脱毛サロンに行き出して、確か1年くらいになる同僚の肌の調子が明らかに違うような…、とのこと。

同僚が通っているのはトータルエステサロンではなく、脱毛専門のサロンのはずなのに、なぜ肌の調子まで…?。 ミツコは、完全な脱毛サロン初心者とは違うので(数年前に体験的なワキ脱毛であっさり終了…)、脱毛時に美容成分の入ったジェルを使ったりすることは知っていたのですが、それだけで肌がキレイになるものだろうか?と思ったらしい…。 聞いたり調べたりしているうちに、実はこれも脱毛の効果のひとつらしい…。と分かったみたいですが、この説明も後程。

で、率直に言ってしまえばミツコも脱毛サロンブームに乗っかって、本格的なサロン通いを復活させようかと思い、私に相談してきたというわけです。「今度遊びに行かない~?」って感じで連絡してきましたが…。

というわけで、ミツコのように数年前に脱毛サロンに通ったきり辞めてしまった方や、脱毛サロン初心者の方も多くいると思うので、そんな方に向けて、1つの特集記事にしちゃいました。

脱毛業界も数年前とはかなり違っていますので、「効果がなかった!」「料金が高かった!」「勧誘がひどかった!」などと不満を持っている方も、読んでもらった後は考えが変わるかもしれません。

ミツコが選んだサロンも一応書きますが、どこのサロンが自分に合ってるかはやっぱりその人次第。比較してみると、あなたがピーンとくるサロンがきっと見つかりますよ!

目次

女性がムダ毛処理に充てる時間はトータルで1ヶ月!?

女性のムダ毛処理

脱毛サロンの話をする前にこんなことも分かったので書いてみますね。

ある調査によって、女子がムダ毛の自己処理に充てている時間というのが明らかになりました。

まず、自己処理派の女子は約8割います。
その内の約65%カミソリで除毛。17%サロンやクリニックで脱毛しています。
その他はワックスや脱毛器ですね。

で、ムダ毛処理をしている女性の8割以上が肌への負担を感じていると同時に、自分のムダ毛処理不足を実感している―、こんな結果が出ました。

さらに自己処理の時間についてです。
自己処理の回数は週に2~3回。1回に充てる時間は5~10分

これを平均値を元に計算してみると―

・1週間で18.75分
・1ヶ月で75分
・1年で15時間
・生涯で(仮に50年間ムダ毛処理したとして)750時間。

日数にすると31日。つまり約1ヶ月! う~ん、正直これを聞いて、50年間で1ヶ月ならま~別にいいんじゃない?なんて気持ちにも私はなりましたが、ムダ毛処理だけじゃないですからね。女子って大変…。 大変なのに、そのことを男子は分かってないわけですし…

女性のムダ毛が気になる男性は70%以上!

女性のムダ毛が気になる男性

男子は伸ばしっぱなしなのに…。 処理だけでも大変なのに…。

と愚痴を言いたくなるのももっともですが、ムダ毛によって男性の気持ちが一気に冷めてしまうことがあるのもまた事実…。 男性が気になる箇所は一番は腕。その他だと背中デリケートゾーンなど。

もちろん、相手の男性とどんな関係なのか、深いお付き合いなのか、まだそこまででもないのかにもよります。

「女子ってツルツルが当たり前だと思ってた」って、言われてもね~、子供じゃあるまいし…。反論したくはなりますが、最近はツルスベ女子が増えているので、どうしても比べられちゃうのは切ないところ…

それって除毛?それとも脱毛?

ワキ毛を毛抜きで除毛

毛を取り除くという意味では同じなんですが、ここでは明確に分けてみたいと思います。

カミソリや毛抜き、ワックスなどでの処理が「除毛
サロンやクリニック、一部の家庭用脱毛器による処理が「脱毛

除毛は例えるなら芝刈りや雑草の処理と一緒。ガリガリと毛を剃ったり、根っこから引き抜いたり。
一方の脱毛は「毛が抜けていく」状態。何もしなくても、あるいはわずかな力で抜ける状態ですね。
なぜこのように区別するかというと、毛の処理方法の違いによって、お肌の状態が変わってくるからです。

除毛は肌トラブルにつながりやすい。

除毛と肌トラブル

この記事の最初の方で、脱毛サロンに通っている同僚のお肌の調子が良くなっている…。というお話をしたと思います。

カミソリや毛抜きでの自己処理の場合、ご存知だと思いますがかなりの頻度で処理しなければいけません。部位によって違いはありますが、毛抜きだと1~2週間もすれば再度生えてきてしまいます。カミソリならもっと早い段階で目立ってきてしまいますよね。そのため、こまめに処理しないといけないわけです。

カミソリも毛抜きもそうなのですが、自己処理によって肌にダメージを与えてしまいます。そのことで起こりやすいのが色素沈着黒ずみです。

色素沈着は少しケガをしたり、虫に刺されたりしただけで出来ることもあります。膝の下などに出来やすいのですがいかがでしょうか?濃くなっている箇所はありませんか?

また、毛抜きやカミソリによって起こりやすいものは他にも『埋没毛(まいぼつげ)』というものがあります。文字通り、皮膚の下に埋没してしまった毛のことです。

原因としては、自己処理によって毛穴が傷つき、その傷を保護しようとする皮膚の働きで毛穴の出口がふさがってしまうことで起こります。
この埋没毛が多いと、見た目はもちろん、ボツボツの原因となったり、皮膚が炎症を起こす原因ともなるのです。

脱毛は美肌につながりやすい。

一方で脱毛(サロンやクリニック、一部の家庭用脱毛器による処理)の場合には、自己処理の回数が次第に減っていく結果、肌が傷つきにくいということになります。

もちろん、サロンやクリニックなどで肌にダメージを負う可能性もありますが、自己処理に比べるとその割合は極めて低いと言えるのです。
脱毛サロンに通い続けるミツコの同僚の肌の調子がよくなっていくのも当然というわけですね。

脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛はサロンやクリニックで…、と当たり前のように書いてきましたが、脱毛の施術はエステサロンと美容系のクリニックで受けることが出来ます

この2つの違いですが、「永久脱毛」が出来るかどうか、という点にあります。
永久脱毛は医療行為だとされているので、医師の資格がある美容外科やクリニックでしか施術は出来ません。

ただし、ここで注意点が…。

サロンで施術してもクリニックでやっても、個人差、部位差というのはかなりあるんですね。クリニックでやっても生えてくる人は生えてきますし、サロンでやっても生えてこない人は生えない。生えてくる部位もあれば、生えてこない部位もある。

ただ、共通しているのは、生えてきたとしても処理が簡単になった、という点です。
永久脱毛の施術が可能かどうか、この違いが、サロンとクリニックの施術方法の違いにもつながっているのです。

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛

サロンやクリニックでの脱毛法には種類があります。
結論から言ってしまいますと、

脱毛サロン=フラッシュ脱毛
クリニック・美容外科=レーザー脱毛

ということになります。

フラッシュ脱毛も、レーザー脱毛も、その脱毛の仕組みに違いはほとんどありません。
黒い色だけに反応する光を照射することで、ムダ毛の毛根にダメージを与えることで毛が生えにくくなる―、というものです。

違いがあるとすればその威力の差です。
クリニックで使う医療レーザーは、より強い脱毛効果が期待出来るというわけです。

繰り返しのようになりますが、クリニックで施術したら永久脱毛になるんだ!というわけではないことは覚えておく必要があるのかなと思います。実際、クリニックで施術を受ける場合にも、そのように説明を受けるはずです。

ちなみにニードル脱毛ですが、この施術を行っている所は今はほとんどありません。有名どころだと”あの”エステティックTBCが代表格です。

このニードル脱毛ですが、実に140年以上も前に誕生した脱毛法で、文字通りニードル(針)を毛穴の一つ一つに刺して電気によって毛根にダメージを与えて脱毛します。
脱毛効果は確かに高いです。

でも聞いただけで「痛そう~」って思いますよね。その通りで実際にかなり痛いです。エステティックTBCのホームページを見ても、ニードルや針という言葉を使ってませんし、どのような仕組みで脱毛しているかも記載がありません。書いてしまうと、ユーザーが逃げてしまうからでしょうか。

ただし、脱毛の効果が高い以外にもメリットがあります。
それは、ホクロ部分に生えているムダ毛や、肌が黒くて他のサロンで施術を断られたケースでも施術が出来る点です。毛穴の一つ一つに施術するニードルならではのメリットと言えそうです。

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の違い

 脱毛効果痛み料金施術時間施術回数
フラッシュ脱毛(光脱毛)
(軽く指ではじく程度。部位や脱毛器により差がある)(お手頃)(広範囲が短時間で施術出来る)(6回以上で効果をかなり実感出来る)
レーザー脱毛
×(軽く輪ゴムをはじく痛み。部位や脱毛器により差がある)(3回以上で効果をかなり実感出来る)
ニードル脱毛
×××(かなり痛い)×(広範囲を行うととても高い)×(毛の1本1本に施術していくので時間がかかる)(生えている毛しか施術出来ないので回数自体は必要)

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛、ニードル脱毛のメリット・デメリット

フラッシュ脱毛
(光脱毛)
(メリット)
・広範囲を短時間で施術可能
・肌ダメージ小
・施術可能なサロン数が多く、全国で可能

(デメリット)
・色素の薄い産毛には効果が薄い
・ホクロや日焼けした肌には施術不可
レーザー脱毛(メリット)
・脱毛効果が高い
・医療機関での施術のため安心感がある

(デメリット)
・色素の薄い産毛には効果が薄い
・ホクロや日焼けした肌には施術不可
ニードル脱毛(メリット)
・色素の薄い産毛やホクロ、目に近いムダ毛にも施術が可能

(デメリット)
・痛みが強い(肌ダメージが大きい)
・時間がかかる
・料金が高い

ニードル脱毛にメリットがあるとは言っても、ニードル脱毛を行うサロンも少なくなっていますし、この記事を読んでいる方は脱毛サロン初心者か、サロンに行ったことはあるけどそれ程でも―、という方が多いと思うので、現在の主流であるフラッシュ脱毛とレーザー脱毛を中心にご説明していきますね。

脱毛は毛周期に合わせて施術する必要がある

毛周期(もうしゅうき)」って聞いたことあるでしょうか?
体毛は「成長期」と「退行期」、そして「休止期」を繰り返します。

毛周期(もうしゅうき)

成長期」…毛が成長する時期。毛乳頭から栄養分を吸収し、毛母細胞の活動が盛んで、毛にはメラニンも多く含まれます。
退行期」…毛の成長が止まった状態です。
休止期」…毛が抜け落ち、あるいは抜け落ちないまでも次の毛が成長を始めるまで休止している期間です。

フラッシュ脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、その脱毛の仕組みは同じで、黒い色に反応する光を照射することで発毛細胞にダメージを与えます。発毛細胞から盛んに栄養が送られている「成長期」でないと、発毛細胞にダメージを与えられないのです。

退行期の毛は発毛細胞から離れてしまっているので、発毛細胞がダメージを受けることはありません。

この成長期や休止期の長さは個人差があり、部位によっても違いがあります。目安としては成長期、停止期(退行期+休止期)とも2ヶ月から5ヶ月くらい。ただ、Vラインなどは成長期、停止期(退行期+休止期)が1年程度と違いがかなりあります。

身体の表面に見えている毛は、全体の毛の量の3分の1にも満たないとされているのですが、どの毛が成長期なのか、あるいは退行期なのかを正確に判断することは出来ないんですね。あなたが見ている一本の毛は成長期かもしれませんが、その隣にある毛は退行期かもしれません。

脱毛サロンの多くが、2~3ケ月ごとに施術を行うのはそのためです。

ただ、この毛周期にあまり関係なく施術可能なサロン(脱毛ラボ)や、休止期の毛根に対して効果を発揮する脱毛器を使うサロン(ディオーネ)もあります。

サロン選びは何で決める?

脱毛サロン選び

ここまで脱毛エステサロンのことだけでなく、脱毛の仕組みまでご説明してきました(結構長くなってしまいました…)。
そろそろ脱毛サロンの核心部分(?)に入っていきたいと思います。

エステサロンも色々とありますが、どうやって選んだら良いの?というお話ですね。
選ぶ際の主なチェック項目は以下の6点。

・予約は取りやすい?
・接客は?
・料金は?
・お肌のケアは?
・立地と営業時間は?
・脱毛効果と施術の仕方は?

なぜか一番重要そうな「脱毛効果」が最後になっていますが、この説明もしていきますね。

このチェック項目の順序ですが、脱毛サロンを利用する方の不満が多い順に挙げています。もちろん、人それぞれ違いがありますが、エステサロンを選ぶ際には上記の項目をチェックしてみて下さい。

でも行く前から分からないことも多いですよね。
この点は、現在の脱毛エステサロンを知ることで、なんとなく分かってくると思います。

脱毛サロンの今をザクッと言えば…

脱毛サロンの今

エステティックサロンと言えば、あなたはどこを思い浮かべますか?
私はやっぱり「エステティックTBC」。
でも、10代の若い子はちょっと違うかも…。

エステサロン業界は数年前まで、エステティックTBCが売上ランキングで1番を続けていました。脱毛だけではなくて、美顔だったり痩身も含めたトータルエステサロンが主流だったんですね。

それが最近では脱毛専門のエステサロンが続々と売上を伸ばしています。ミュゼプラチナムは脱毛専門でありながら売上でもエステティックTBCを追い越してしまいました。

その理由はいくつかあるのですが、まずはフラッシュ脱毛器の普及と発達です。現在でもそうですが、脱毛器の進化は目を見張るものがあります。チェック項目の最後に「脱毛効果」を挙げたのはそのためです。主要な脱毛サロンに置いてある脱毛器なら性能自体は問題ないですし、現在でも続々と新しい脱毛器が投入されています。

人によって脱毛効果に差が出るのは、人それぞれの毛質の違いや脱毛器との相性、そして別の理由による所が大きいです。

別の理由についてですが、それは現在の脱毛サロンの特徴と関係があります。
フラッシュ脱毛器の普及で、比較的、お手頃な料金で脱毛が出来るようになりました。もちろん、利用者にとって良いことなのですが、そうなってくると価格競争が始まります。

多くのお客さんを集めて、少ないスタッフでなるべく早く施術を終わらせる。平日の夕方以降や土日は予約でいっぱい。次のお客さんの時間も迫っています。時間内に終わらせようとエステティシャンは施術を急ぎます。照射が甘くなったり、照射し忘れる箇所が出やすい状況と言えるでしょう。

脱毛効果に差が出るのは、脱毛器の性能というよりも、毛質や部位による違いと、スタッフや店舗の状況が関わっていることが多いのです。そのため、脱毛効果をチェック項目の最後に挙げました。

もちろん、毛質や肌質、部位などによって、各エステサロンによって得意とする内容が違いますので、あなた自身の希望などによるサロン選びは必要となってきます。各サロンの説明は後程…。

予約はとりやすい?

C3(シースリー)の予約システム「どこでも予約」

C3(シースリー)の予約システム「どこでも予約」 C3公式ページより

大抵のサロンでは、公式ページで予約のとりやすさをアピールしています。

ただ、現実をお話しすると、お手頃な価格のサロンほど、お客さんの数は多くなるため、予約もとりにくい傾向にあります。特に平日の夕方以降と土日は激戦区です。

最近ではWeb上の会員ページからいつでも予約をとれるサロンも増えてきました。でも、予約の仕組みが簡単であることと、予約がとりやすいかどうかはまた別のことですので注意が必要です。

脱毛効果と施術の仕方は?

脱毛効果についてはさきほど説明した通りです。あなたの希望にあったサロンを選ぶことが大切ですね。

施術の仕方にも、各サロンで特徴があります。例えば全身脱毛の場合、一度の施術で全身を施術するサロンもあれば、身体を4つのパーツに分けることで、全身を一通り施術するためには4回通わないといけないサロンまでさまざま。

ただ最近は脱毛器の進化とスピード重視の流れもあって、少ない来店回数で多くのパーツを施術する所が増えてきています。

脱毛器にも、サロン独自の特徴がありますので、それも各サロンについての説明で触れていきますが、脱毛サロン初心者の方は、まずはキャンペーンでお試し感覚で施術してみると良いでしょう。実際に自分自身には脱毛効果はあるのか?痛みはどうか?接客は?などチェックして下さい。

その際、提案を受けるかもしれませんが、「初めてなので何度か受けてみてから決めたい」とはっきりと言うべきですね。脱毛効果もそうですが、肌トラブルにつながることだけは避けなければいけませんから。

料金はいくら?

どんなサービスや商品を利用するにしても、ほとんどの人は料金を気にすると思います。脱毛サロンも同じですよね。ただ、この料金システムが分かりにくいという声も多いんです。これは、あなた自身の希望に左右されるところでもあります。どの部位をどの位脱毛したいのか?を考えて、希望に近い脱毛サロンを選びましょう。

また、施術に必要な料金だけでなく、キャンセル時にかかる料金や、追加費用が発生しないかもチェックしておきましょう。

接客の質は?

脱毛サロンの接客

エステサロンと言えば、少し前までは癒しの場でもありました。現在でもトータルエステサロンの場合はそうだと思います。

でも、脱毛サロンの場合はちょっと違ってきます。これもすでに説明した通り、格安になればなるほどエステティシャンも忙しくなるので、接客の質は下がりやすいです。

ただ、これも店舗やスタッフ、時間帯などに左右されます。スタッフの入れ替わりも激しい業界です。安くても質の高い接客を!と望むとガッカリすることもあるかもしれませんね。

お肌のケアは?

のちほど、脱毛サロンの施術の流れでも説明しますが、通常の脱毛サロンでは、来店前に自己処理をして行く必要があります。シェーバーを使って処理することになりますが、剃り残しがあると施術前に店舗で処理してもらうことになります。剃り残しが多いと、追加料金が発生するサロンが多いのですが、施術自体を断られるケースもありますので注意が必要です。

また、施術時にはお肌の保湿と冷却のために、ジェルを塗りながら行うサロンが多いのですが、これが冷たくて夏でも寒い!という声も少なくありません。施術中はずっと震えてた…、なんて方もいるので施術のやり方もチェックしておきましょう。最近では脱毛器の開発に伴ってジェルなしで施術可能なサロンも増えています。

また、このジェルや、施術後にお肌のケアのために使われるローションなどに美容成分が含まれるものを使うサロンも増えてきました。この辺りもチェックポイントですね。

立地と営業時間は?

脱毛サロンの立地条件と営業時間

立地や営業時間に関しても重要だと思います。会社や学校が終わった帰りに施術する方が多いのですが、そうだとすると最寄駅にあるサロンが一番通いやすいですよね。

一回で終わりなら良いのですが、脱毛サロンは繰り返し行くことになります。店舗間の移動が出来るサロンも増えてきましたが、通いやすいところを選ぶのが一番です。

施術時に使うジェルの拭き取りが甘くて、服を着ると気持ち悪いことが…、という声を聞くこともあります。終わったら出来るだけ早く帰りたいと思う人は特にそうですね。

また、閉店時間が早いと、その時間だと間に合わない…、ということもあるでしょう。遅くまで営業しているサロンもありますので、あなたの都合に合わせて営業時間も押さえておきましょう。

脱毛サロンは時間に厳しい!?

脱毛サロンは時間厳守

脱毛エステサロンのお値段はどんどんお手頃になってきています。当然ですが、お客さんも増えてきます。増えないと商売としても成立していかない。予約が立て込むことも多い。一人が遅刻すると、その後の時間に予約しているお客さんにも影響してくる―。というわけで、時間には厳しいところが少なくありません。遅刻すると施術自体をしてくれないだけでなく、一回分を消費されたりキャンセル料が発生したりします。

ただ、この辺りは常識の範囲内で対応すれば問題ないはず。私も社会人なので、時間はしっかりと守りたいもの。

時間を守るのはサロンのためだけではありません。前の人の遅刻などが響いて、こちらが待たされるはめに…、なんてこともありますからね。

エステサロンは勧誘が多い!?

脱毛サロンの勧誘

エステティックサロンと言えば、「猛烈な勧誘行為」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実際、それがイヤでエステサロンから足が遠のいた…、という人を知っています。少し前まではかなり激しい勧誘を行うサロンが結構ありました。

ただし現在はちょっと事情が違ってきています。

特に最近の脱毛エステサロンでは、勧誘行為は一切行わない、と記載していますし、本当に勧誘がなかった―、という声も耳にします。数年前のサロン経験者が拍子抜けするくらい…。

もちろん、何が勧誘にあたり、何が提案にあたるのかの線引きは人それぞれだと思います。
ただ、提案すら行わないなら「言ってくれればそっちのサービスを選んだのに…」という不満につながるかもしれません。

また、サロンや店舗の状況、スタッフによっても違うでしょうし、時間帯によっても違ってきます。ただでさえ予約がいっぱいで大変なのに、勧誘までしていられない―、ということもあるはずです。

最近の脱毛エステサロンは勧誘を重視するよりも、より多くのお客さんをいかに短時間に施術するかを重視する傾向にあります。そんなサロンのスタッフに勧誘まで求めていたらストレスが溜まって他のサロンに行ってしまうかもしれません…。

いずれにしても、以前ほど気にしなくても良いのは間違いないでしょう。ただし、サロン側も商売ですので、なんらかの提案はあると思っておいて下さい。

口コミサイトは中傷合戦!?

いろんな人の口コミを見れて便利じゃない!?と思うかもしれませんが、不特定多数の人が投稿出来る掲示板のようなスタイルだと、そこには恐るべき数の「サクラ」が存在します。。。

ただ、「あそこのサロンはイイよ!」って口コミではなく、「あそこは最悪!」という形での口コミが多いのです。。。そう、ライバルをおとしめる口コミなんですね…。

実はそんな口コミを投稿する業者まで存在する始末…。ホンモノの口コミよりも、そのようなヤラセ口コミの方が多いという話も…。口コミサイトを信用するのはほどほどに…。

施術の流れ

脱毛サロンの施術の流れ

もう少しで各サロンの特徴をご説明致しますが、その前に、脱毛サロンに行ったことがない人の中には、実際に流れが分かってないとなんとなく不安…、という方もいると思います。

各サロンの説明の前に、予約から施術までの流れについてご説明します。
サロンや店舗によって少しずつ違いはありますが、基本的な流れは同じです。実際に行ってみると、「ふ~ん、こんな感じか」ってなるんじゃないでしょうか。

WEB予約
※最近はWEBで予約が取れる仕組みを採用するサロンが増えてきました。ありがたいですが、それでも人気サロンは予約の取り合いに…

電話で予約確認と注意事項を説明
※施術当日に必要なものや、除毛方法を教えてもらえます。出来るだけ電気シェーバーで除毛しましょう。

来店(受付)

アンケートに記入
※氏名などの他、肌の状況や部位などの確認

エステティシャンのカウンセリング
※脱毛方法の説明や、毛の仕組みなど。勧誘(提案?)があるとすればこのタイミング。最近はどこのサロンもしつこくはないが、サロンや店舗、スタッフによる違いはあり。

施術室に移動して脱毛開始
※通常は冷却ジェルで肌を冷やし、保湿しながら行います。寒さの原因がここにあるのですが、独自技術で冷却ジェルを使わないサロンも出てきています。

帰宅(サロンによってはここで再びカウンセリング… という名の勧誘行為!?)

初回は大体1時間半から2時間かかります。
2回目以降は施術する部位によって違いはありますが45分から1時間程度で終了です。

脱毛サロンにもタイプがある!

さて―。
ここまで長々と脱毛サロンについてご説明してきました。
ようやくですが、各エステサロンの特徴も交えながらお話ししていきたいと思います。

まず、脱毛エステサロンは大きく2つのタイプに分けることが出来ます

部分脱毛をメインとするサロンと全身脱毛がメインのサロンに分かれます。
これは料金体系にも関係してきます。

部分脱毛がメインのエステサロン

ミュゼ・プラチナム ・【店舗数】国内187店舗
・【特徴など】脱毛で売上NO1のサロン。両脇完了コースが100円。
エステティックTBC ・【店舗数】国内162店舗
・【特徴など】トータルエステティックで有名。ニードル脱毛が特徴。終わりのある脱毛が売り。1回お試し1,000円
エピレ ・【店舗数】国内36店舗
・【特徴など】TBCがプロデュースする脱毛専門サロン。VIOの5か所を施術出来るキャンペーンを実施。
ジェイエステティック ・【店舗数】国内104店舗
・【特徴など】両わき12回+両ヒザ下or背中上or両ヒジ下2回が100円。独自の脱毛マシンで施術時間が大幅に短縮
ディオーネ ・【店舗数】国内79店舗
・【特徴など】3歳から脱毛が可能。アトピー性皮膚炎の方やニキビ肌の方でも施術が可能。

 

全身脱毛がメインのエステサロン

脱毛ラボ ・【店舗数】国内64店舗
・【特徴など】月額制を導入した初めてのサロン。全身48か所、月額9,980円~。刺激や痛みがほとんどない。
銀座カラー ・【店舗数】国内36店舗
・【特徴など】全身22か所、月額5,000円~。全身の施術が1回で完了。施術後には、6種類の美容栄養成分を、保湿マシンで高圧噴射。
シースリー ・【店舗数】国内60店舗
・【特徴など】全身の施術が最短で45分、53パーツを1日で完了する日本製の脱毛器に現在入れ替え中。生涯来店保証。特典多数。
キレイモ ・【店舗数】国内16店舗
・【特徴など】月額制を採用。全身33か所、月額5,000円~。脱毛再開プランあり。施術時はジェルなし。

 

たったこれだけで、2~3程度のサロンに絞られた方もいるのではないでしょうか?

その理由の一つが店舗数。というか店舗所在地、と言った方が良いかもしれません。学校や仕事の終わりに行く人が多いので、最寄駅に店舗がなければ通い続けるのが結構面倒になってきちゃいます。

それだけではなくて、施術で使うジェルなんかが身体のどこかに残ったまま服を着ちゃうと、結構気持ち悪いこともあるので、施術後はなるべく早く帰宅したい―、ということもありますからね。

それでは各サロンの特徴を押さえることで、あなたにピッタリの脱毛サロンを見つけて下さいね!

あなたに最適なサロンはどこ?~部分脱毛系サロン~

脱毛エステサロン初心者はやっぱりココ?『ミュゼ・プラチナム』

ミュゼ・プラチナム

脱毛専門のエステサロンながら、あのTBCを売り上げで追い越してしまったのが『ミュゼ・プラチナム』です。
あなたもテレビCMや雑誌などで一度は目にしたことがあると思います。

なぜここまで人気が出たのかと言うと、知名度を上げるための広告戦略を幅広く行っているだけではなく―

・脱毛をメインに絞った
・価格を抑えた
・ユーザーがエステサロンに対して抱きやすかった不満を徹底的に取り除いた

という点が挙げられるのかなと思います。

入会金や年会費などはなく、キャンセル料も発生しない、思わぬ追加費用もなし、勧誘行為もない―。こういったことが、エステサロンを利用したことがなかった初心者の方にも受け入れられたのかなと思います。

ただ、ユーザーに受け入れられて人気サロンとなったため、予約が取りにくいかな、という点はどうしても出てきます。

Webから予約やキャンセルが可能なのですが、土日や祝日、そして平日でも夕方以降の時間帯は予約が集中する傾向にあります。

ただ、店舗数が多いのと、店舗の移動が可能なこと、そしてキャンセル料がかからないため、キャンセルが発生しやすいという特徴もあります。直前に予約してみたら大丈夫でした~、なんて声も結構聞きます。

 店舗数  国内188店舗
 脱毛方法  S.S.C.方式 (フラッシュ+ジェル抑毛)
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料
 解約返金  有り
 追加費用  無し
  URL http://musee-pla.com/

他のサロンで断られた人にも…『エステティックTBC』

エステティックTBC

長らくエステ業界をけん引してきたのが、泣く子も黙る(!?)『エステティックTBC』です。トータルエステという分野ではいまだにNO1ですが、トータルエステ自体が右肩下がりで、脱毛専門サロンがエステ業界をけん引する状況となっていますので、『エステティックTBC』もその影響を強く受けています。

もちろんエステティックTBCでも脱毛が可能で、光脱毛(フラッシュ脱毛)も可能です。

ただ、エステティックTBCの脱毛の特徴は「ニードル脱毛」にあります。文字通りニードル(針)を毛穴に1本1本刺すことで脱毛に導きます。高い技術が要求され、脱毛効果も高いです。「終わりのある脱毛法」を売りにしていることからも分かります。

その一方で痛みも強く、料金も高いことから、脱毛初心者には敷居が高いと言えるでしょう。

技術力や経験値が高いのは魅力的だけだ、でもやっぱりちょっという方は、『エピレ』がいいかもしれません。エピレに関しては後程。

 店舗数  国内162店舗
 脱毛方法 TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛=ニードル)
TBCライト脱毛 (美容ライト脱毛=フラッシュ)
 入会金 0円
※ビジターの場合は無料。メンバー料金を適用する場合には入会金12,960円、入会事務手数料3,240円必要(2年間有効)
 年会費
 キャンセル料 3,000円(前日17時以降)
 解約返金  有り
 追加費用 無し
※両ワキ回数プランは無。ケア商品を購入する場合に発生。
  URL http://www.tbc.co.jp/

エステティックTBCがプロデュースする『脱毛エステ エピレ』

脱毛エステ エピレ

最近の脱毛サロンブームに乗り遅れまいと、エステティックTBCがプロデュースした脱毛エステサロンが『脱毛エステ エピレ』です。
ミュゼ・プラチナムなど、最近急激に増加している脱毛専門サロンを意識しているのは明白でしょう。

その一方で、7歳から受けられるという高い脱毛技術を謳うのはプライドの表れでしょうか?
その技術の高さの表れなのか、ミュゼと違うのはフェイス脱毛が出来ること。
さらに他サロンではなかなかやらない、VIOの5か所を施術出来るキャンペーンをやっていることも特徴ですね。

一方でTBCの流れを受け継いでいる(?)とも言えそうなのが勧誘についてでしょうか。最近のエステサロンの場合、「しつこい勧誘はしませんよ~」とホームページにも書いてあるのですが、この「勧誘」と「提案」の線引きって人それぞれなのも事実。

サロン側も商売なので、何かしらの提案はしてきます。エピレも初回利用時にプランの提案をしてきますので、脱毛サロン初心者にはちょっとしたプレッシャーになるかもしれませんね。前もって答えを用意しておくのも良いでしょう。「初めてなので、何回か受けてから考えたいです」とか。。。私は「いえ、結構です(キリっ)」って感じに断っちゃいますけどね(笑)。

 店舗数  国内36店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料
 解約返金 無し
※ファーストプランのみ有り
 追加費用 無し
※美しい肌仕上がりを目指したい方はトリートメントオプションあり(540円~1,080円)。部位により金額が異なります。
  URL http://www.epiler.jp/

オリジナルマシーンで施術時間を大幅に短縮&100円でそこまでやる!?【ジェイエステティック】

ジェイエステティック

浮き沈みの激しいエステ業界にあって、36年の実績があるのが『ジェイエステティック』。脱毛専門ではなくトータルエステサロンです。でも、最近の流れをいち早くキャッチして、脱毛に力を入れています。

そのために脱毛マシンも独自開発。スライドショットが可能になって、Lパーツの施術時間が従来の3分の1から5分の1に大幅に短縮。さらに冷却ヘッドによって痛みと熱さを減らすことに成功。マシン自体が肌を冷やしてくれるので、ヒンヤリとしたジェルを塗ることなしに施術が出来るんです。

施術後にはヒアルロン酸トリートメントで保湿してくれます。

両わき12回+両ヒザ下or背中上or両ヒジ下2回が100円でやってくれるキャンペーンをよく行っています。この料金のキャンペーンでここまで施術可能なサロンは他になかなかありません。

痛みも少なく、キャンペーンもお得、店舗数も比較的多いことから脱毛初心者に人気のあるエステサロンの一つです。

ただしここも初回時を中心にプランの提案をしてくると思います。個人的な感想として、いわゆる老舗と言われる所は勧誘について少し強い傾向にあるかなと思います。競争の激しい業界で生き残るには、やっぱり訳があるんですよね。

 店舗数  国内104店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛(冷却ヘッド&スライドショット)
 入会金 0円
※前日、当日のキャンセルは回数消化される場合あり。
 年会費
 キャンセル料
 解約返金 有り
 追加費用 無し
  URL http://www.j-esthe.com/

フェイス脱毛、デリケート部分の脱毛、肌トラブルを抱えやすい女子には【Dione ディオーネ】

Dione ディオーネ

ディオーネはちょっと他のサロンとは一線を画す存在、と言っても良いかもしれません。
ディオーネの脱毛はハイパースキン脱毛というのですが、そもそも脱毛法自体が他のサロンとは違います

何が違うかと言うと、通常のフラッシュ脱毛は、成長期のムダ毛に高熱を加えて脱毛しますが、ディオーネの場合、毛の生えていない「休止期」のムダ毛(と言っても毛が抜けて落ちている段階ですが)に対して効果のある光を使います。

休止期には、毛穴の奥に、次の毛の元となる発毛因子が準備されているのですが、ハイパースキン脱毛の光は、この発毛因子を消滅させる効果があります。

痛みもなく、照射の熱は38度と、体温とほぼ同じくらい。ほんわか温かいくらいなので、施術中に眠ってしまう方もいるほど。保湿のためにジェルは使いますが、冷たいジェルではなくホットジェルを使用

痛みもなく原理も違うため、3歳から脱毛が可能!としています。子どもの場合は、ワキ毛などが生える前に施術して生えさせないこともできるわけです。

「子供に脱毛なんて…」と考える方もいるでしょうけど、子供の脱毛は美容のため、というわけではありません。もちろん、中にはそんな人もいるでしょうが、違う目的のための脱毛と言って良いでしょう。詳しくは別の機会に譲るとして…。

とにかく刺激が極めて小さい脱毛法なので、アトピー性皮膚炎の方やニキビ肌の方でも施術が可能です。
また、「施術の結果、顔に肌トラブルを抱えるのが心配…」という方にも向いているサロンだと思います。

さらに、ハイパースキン脱毛法のメリットはこれだけではありません。ディオーネが使っている脱毛器から照射される光は、フォト美顔(フォトフェイシャル、光フェイシャル、IPLとも言います)で使われるマイルドな光が含まれているため、美顔効果もあるのです。

 店舗数  国内79店舗
 脱毛方法 ハイパースキン法(フラッシュ)
 入会金 0円
※前日19時までならペナルティなし。当日キャンセルは1回分消化。
 年会費
 キャンセル料
 解約返金 有り
 追加費用 無し
  URL http://www.datsumousalon-dione.jp/

あなたに最適なサロンはどこ?~全身脱毛系サロン~

日本で初めて月額制を導入。毎月通える脱毛サロン。【脱毛ラボ】

脱毛ラボ

エステサロンで月額制を導入した初めてのサロンです。料金などについてご説明する前に、まずは脱毛法から。

脱毛ラボではイタリアのメーカーが開発したクリプトンライト搭載の脱毛器によるS.S.C脱毛を採用しています。
難しい説明はここでは置いておいて、簡単に言うと、抑毛成分を含んだジェルを塗った上で照射することで、相乗効果により脱毛を実現するというものです。

そうじゃない脱毛器との違いは?ってことになりますが、刺激や痛みがほとんどない―、毛周期に合わせて脱毛する必要があまりない―、ということですね。脱毛効果はもちろんあります。

で、次に料金について。

月額制のサロンなんて画期的じゃない!と思うかもしれません。確かにそうとも言えますが、「短期間にガンガン通って脱毛しちゃえ!」というわけにもいきません。

月額制の場合、脱毛ラボでは月に2回まで予約が出来るのですが、1度の来店で施術出来るのは全身の4分の1。つまり全身の施術を一通り終えるためには、月に2回のペースで2ヶ月かかります。このペースだと年間24回通って、全身6回分

月に2回も通えないよ!って方は、全身6回分が施術出来るプランもあります。月に1回通えるので、これだと半年で全身6回分が完了

1年間通う料金と、6回分パックの料金はほぼ同じ。初月無料のキャンペーンを適用済みで考えると、どちらも12万円弱くらい。
月額制の場合、通えない月も支払が発生するので、そうなってくると割高になってしまうことは覚えておきましょう。

むしろこの脱毛ラボのポイントは、S.S.C脱毛の採用により短い間隔で通えるということです。他のサロンだと毛周期に合わせて2~3ケ月に1回の施術ですが、脱毛ラボの脱毛法だと、毛周期をあまり考慮する必要がないわけです。そのため、月額制を導入しやすかったと言えるでしょう。

 店舗数  国内64店舗
 脱毛方法 S.S.C.方式 (フラッシュ+ジェル抑毛)
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 1,000円
※当日キャンセルの場合に発生
 解約返金  有り
 追加費用 無し
※但し、剃り残し時にシェービング代として1,000円~1,500円。
  URL http://datsumo-labo.jp/

脱毛+美肌。月々5千円以下で全身脱毛【銀座カラー】

銀座カラー

「脱毛ラボより月々の支払が全然安い!」と思った方もいるでしょう。まずは料金のことからご説明します。

この料金体系については他のサロンにも当てはまるのですが、銀座カラーの場合は純粋な月額制とは違います。トータルでかかる料金をローンなど、分割での支払となるだけです。

銀座カラーのような支払方法のサロンの方が多いので注意が必要です。この場合でも途中解約は可能なのですが、手続きが少し面倒だったり、全額は戻ってこない、手数料が結構とられる、というようなことがあります。
ただし、銀座カラーの場合は、全額返金、手数料0円なので安心出来ます。

では、銀座カラーの脱毛について。

他サロンの全身脱毛の多くは、全身をいくつかのパーツにわけ、数回通って全身を一通り終える方法が多いのですが、銀座カラーでは新脱毛機を導入したことで、全身脱毛が1回で完了します。

さらに、「赤ちゃん肌脱毛」を宣言している通り、脱毛だけでは終わらない点も特徴です。
基本料金の中に”保湿ケア”が含まれています
具体的には、美肌効果と脱毛効果を高めるために、オリジナルローションを施術前にたっぷりと塗ります

施術後には、ヒアルロン酸・コラーゲン・天然ハーブなど6種類の美容栄養成分を、保湿マシンで高圧噴射します。
21年の実績からも分かる通り、高い技術力にも定評があります。

 店舗数  国内35店舗
 脱毛方法 IPL脱毛(フラッシュ脱毛)
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 2,000円
※前日19時までの連絡なら0円。
 解約返金  有り
※手数料無料
 追加費用 無し
  URL http://ginza-calla.jp/

全身脱毛が通い放題。+特典がいっぱい【C3シースリー】

C3シースリー

月額7000円で全身脱毛出来るとしていますが、こちらも銀座カラーと同じく純粋な月額制ではありません。

ただし、シースリーの特徴は、「生涯来店保証」というもの。

ほとんどのサロンは回数制なので、指定の回数を消費するとそれでおしまい。ムダ毛が残っていてもそれ以上施術を希望しようと思えば追加費用がかかるわけです。

ただ、シースリーの場合はお金を払い終わった後でも納得いくまで通うことが出来ます。もちろん、浮き沈みの激しい業界なので、シースリーそのものがある限り―、ということにはなりますが。

それと特典やキャンペーンが豊富な点もシースリーの特徴のひとつ。

例えば以下のような感じです。

・109で10万円分買い物し放題(10万円分のポイントはSHIBUYA 109 NETSHOPで使用できるポイントを「サイト訪問者」に抽選でプレゼント
・楽天スーパーポイント500ポイント
・スパのペアチケットなどを貰える
・乗り換え割(例えば、両脇は他サロンで終了している場合、10,000円オフ)や、仲割(お友達と同時カウンセリングでそれぞれが5,000円オフ)、家族割など

施術間隔は毛周期にあわせ2~3ヶ月ごとと普通ですが、超光速GTR脱毛といって(すごいネーミングですね)、全身脱毛が最短で45分、53パーツを1日で完了する日本製の脱毛器に現在入れ替え中とのこと。

 店舗数  国内97店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 3,000円
※当日の予約時間までに連絡すれば0円。無断キャンセル時に発生
 解約返金  有り
 追加費用 無し
  URL http://c-3-esthe.com/

スリムor美白+脱毛。月額制の【KIREIMO キレイモ】

KIREIMO キレイモ

脱毛ラボと同様、料金プランに月額制を採用しているのがキレイモです。さらに脱毛ラボでは全身を一通り終えるのに月に2回のペースで2ヶ月かかりますが、キレイモでは月に1回のペースで2ヶ月で完了します。全身を2つのパーツ(上半身と下半身)に分けて施術するためです(脱毛ラボは全身を4つのパーツに分けます)。

さらに、同じ月額制でも2つのコースがあります。「スリム脱毛(9,500円)」と「プレミアム美白脱毛(12,800円)」です。施術後のローションに違いがあります。

スリムアップローションには、花しょうがとカフェインが配合されていて、お肌をキュッと引き締める効果があります。
一方、プレミアム美白脱毛の場合は、スキンケアの美白成分が配合された厚生省認可の特製ローションで、真っ白なすべすべのお肌にみちびきます。
この施術後のローションに特徴があるのはキレイモならではです。

なお、キレイモでは施術時にジェルを使いません。ジェルを塗られて寒い…、ということがないんですね。

毎月通えない…、という方には回数制のコースが用意されていますし、以前、脱毛サロンに通っていたけど、途中でやめてしまった方への脱毛再開プランも用意されています。「この箇所はもう脱毛必要ないけど…」という方は無料カウンセリング後にオリジナルプランを提案してくれます。

ただ、キレイモは店舗数が少ない所が他のサロンと比べるとデメリットの一つでしょうか。現在、続々とオープン予定のようですが、通いたくても通えない…、という人が多そうですね。

 店舗数  国内25店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 1回分消化。
※前日までの連絡なら消化なし。当日キャンセル時に発生。
 解約返金  有り
 追加費用 無し
  URL http://kireimo.jp/

ここまで見てくれたあなたは、脱毛に成功すること間違いなし!

ここまで見てくれて本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ここまで読んでくれたあなたは、絶対に脱毛に成功するでしょう!それだけ本気だということですからね!
最後に、記事中で扱った脱毛サロンをまとめておきます。
あなたの脱毛はきっとうまくいきますよ!

脱毛女子研究会(略して毛研:もうけん)編集部/望月友菜

脱毛サロン・総まとめ

脱毛エステサロン初心者はやっぱりココ?『ミュゼ・プラチナム』

 店舗数  国内187店舗
 脱毛方法  S.S.C.方式 (フラッシュ+ジェル抑毛)
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料
 解約返金  有り
 追加費用  無し
  URL http://musee-pla.com/

他のサロンで断られた人にも…『エステティックTBC』

 店舗数  国内162店舗
 脱毛方法 TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛=ニードル)
TBCライト脱毛 (美容ライト脱毛=フラッシュ)
 入会金 0円
※ビジターの場合は無料。メンバー料金を適用する場合には入会金12,960円、入会事務手数料3,240円必要(2年間有効)
 年会費
 キャンセル料 3,000円(前日17時以降)
 解約返金  有り
 追加費用 無し
※両ワキ回数プランは無。ケア商品を購入する場合に発生。
  URL http://www.tbc.co.jp/

エステティックTBCがプロデュースする『脱毛エステ エピレ』

 店舗数  国内36店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料
 解約返金 無し
※ファーストプランのみ有り
 追加費用 無し
※美しい肌仕上がりを目指したい方はトリートメントオプションあり(540円~1,080円)。部位により金額が異なります。
  URL http://www.epiler.jp/

オリジナルマシーンで施術時間を大幅に短縮&100円でそこまでやる!?【ジェイエステティック】

 店舗数  国内104店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛(冷却ヘッド&スライドショット)
 入会金 0円
※前日、当日のキャンセルは回数消化される場合あり。
 年会費
 キャンセル料
 解約返金 有り
 追加費用 無し
  URL http://www.j-esthe.com/

フェイス脱毛、デリケート部分の脱毛、肌トラブルを抱えやすい女子には【Dione ディオーネ】

 店舗数  国内79店舗
 脱毛方法 ハイパースキン法(フラッシュ)
 入会金 0円
※前日19時までならペナルティなし。当日キャンセルは1回分消化。
 年会費
 キャンセル料
 解約返金 有り
 追加費用 無し
  URL http://www.datsumousalon-dione.jp/

日本で初めて月額制を導入。毎月通える脱毛サロン。【脱毛ラボ】

 店舗数  国内64店舗
 脱毛方法 S.S.C.方式 (フラッシュ+ジェル抑毛)
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 1,000円
※当日キャンセルの場合に発生
 解約返金  有り
 追加費用 無し
※但し、剃り残し時にシェービング代として1,000円~1,500円。
  URL http://datsumo-labo.jp/

脱毛+美肌。月々5千円以下で全身脱毛【銀座カラー】

 店舗数  国内35店舗
 脱毛方法 IPL脱毛(フラッシュ脱毛)
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 2,000円
※前日19時までの連絡なら0円。
 解約返金  有り
※手数料無料
 追加費用 無し
  URL http://ginza-calla.jp/

全身脱毛が通い放題。+特典がいっぱい【C3シースリー】

 店舗数  国内97店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 3,000円
※当日の予約時間までに連絡すれば0円。無断キャンセル時に発生
 解約返金  有り
 追加費用 無し
  URL http://c-3-esthe.com/

スリムor美白+脱毛。月額制の【KIREIMO キレイモ】

 店舗数  国内25店舗
 脱毛方法 フラッシュ脱毛
 入会金 0円
 年会費
 キャンセル料 1回分消化。
※前日までの連絡なら消化なし。当日キャンセル時に発生。
 解約返金  有り
 追加費用 無し
  URL http://kireimo.jp/

関連記事

  1. 脱毛サロンガイド

    最新!脱毛キャンペーン【2017年10月版】脇!VIO!ヒザ下!全身!脱毛サロンをはしごする?

    もう10月!早いですね~。私の住んでいる所は、朝や夜はヒンヤリすること…

  2. 脱毛サロンガイド

    ニキビ肌・アトピー性皮膚炎・敏感肌でも脱毛出来るサロン。それだけではない理由とは?

    脱毛専門のサロンが最近は流行っていますが、女性の全員がサロンで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. トリア 電源ON
  2. トリアひげ脱毛
  1. 脱毛サロン一覧

    【脱毛エステ エピレ】脱毛したいパーツ別プランが充実!
  2. 脱毛知恵袋

    脱毛すると、なぜ肌がキレイになるの?
  3. 家庭用脱毛器

    ケノンVSトリア徹底比較。後悔しない家庭用脱毛器選びのポイント
  4. 脱毛知恵袋

    自己処理をする方法と脱毛サロンで脱毛する方法のそれぞれのメリットとデメリット
  5. 脱毛知恵袋

    脱毛サロンで正しく脱毛!脱毛の仕組みを知って美しい艶肌を手に入れよう!
PAGE TOP