脱毛知恵袋

高校生だって脱毛サロンで脱毛したい!うらやむほどの美しい艶肌を手に入れよう!

高校生とムダ毛

ムダ毛に悩むのは、成人した女性だけではありません。

大げさに言ってしまえば、ムダ毛を気にするのに大人も子供もないのです。

 

小学生でも高学年になってくると、発毛が盛んになってくることでムダ毛と呼ばれる毛が生え始めます。

これまで生えていなかったワキの下や、アンダーヘアが少しずつ生えてくるとともに、腕や足に生えてくる毛も、これまでの産毛から次第に太くて濃い毛と変化していきます。

 

小学生でも、そんなムダ毛が自分の身体に生えていることを気にして、悩む子供がたくさんいるのです。

小学生でさえムダ毛に悩まされる時代です。

高校生となれば、なおさらでしょう。

 

高校生は、人からどう見られているのかが1番気になる年頃であり、おしゃれに敏感になる時期でもあります。

そんな時に、自分の身体に生えているムダ毛が気になるのは、ある意味当たり前の感覚でもあるのです。

 

高校生という年代は、ムダ毛の扱い方に悩み、どういう方法で処理するのがいいのかを模索し始める大事な時期でもあるのです。

高校生のムダ毛の自己処理

高校生という年代は、成人した女性となるべく、女性ホルモンのバランスが確立される時でもあります。

また、そんな女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期でもあります。

そのため、ムダ毛の質や量もまだまだ不安定な時期でもあり、自分でもイマイチ把握できないでいる高校生も多いことでしょう。

 

そんな高校生がムダ毛を処理するために、ひとまずやってみるのがおそらく自分で処理する自己処理です。

自己処理の方法はいくつかありますが、そんな中でもできるだけ費用がかからない方法を選択するため、概ねカミソリや毛抜きを使った処理方法を選ぶことになるでしょう。

 

多くの高校生が実践しているであろう、ムダ毛の自己処理法をいくつか見てみましょう。

カミソリ

 

カミソリを使った自己処理は、とても肌にかかる負担が大きい処理方法です。

カミソリの刃によって、繰り返される摩擦により肌が傷つき、色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

 

頻度が多ければ多いほど、そのリスクは高くなり、結果的に黒ずみになってしまう危険性も含んでいます。

毛抜き

 

毛抜きによる自己処理は、毛根から毛を引き抜くため、次の発毛までいくらか時間を稼ぐことができるものです。

ですが、毛根からむりやり毛を引き抜く行為は、毛穴周辺の皮膚や、毛根周辺の組織を傷つけてしまうものです。

 

肌にかかる負担は想像以上に大きく、抜く際にも強い痛みを伴います。

除毛クリーム・ワックス脱毛

クリームやワックスなどの薬剤を、ムダ毛に塗布して処理する方法です。

いずれも薬剤が市販されており、安価で入手することが可能であるため、高校生には比較的とりかかりやすい処理方法でもあるでしょう。

ですが、これらの薬剤は刺激が強いため、肌にかかる負担も大きくなります。

 

高校生という年齢は、いまだ毛穴も皮膚も大人ほど完成されたものではありません。

肌は、大人以上に刺激に弱いため、これらの薬剤による刺激は、肌にとって大きな負担となるものです。

高校生と脱毛サロン

ムダ毛の処理を、安全で確実に行うためには、やはり高校生であっても脱毛サロンなどのプロの手によって施術してもらう方が賢明でしょう。

高校生といえばまだ未成年ですが、そんな未成年のうちから脱毛の施術が受けられるサロンがたくさんあります。

まだまだ敏感で、刺激に弱いデリケートな肌を守りながら脱毛することを前提に考えると、脱毛サロンで脱毛するほどが賢明な選択といえるのです。

 

では、高校生が脱毛サロンで脱毛すると、どんなメリットやデメリットがあるでしょうか。

メリット①肌への負担の軽減

若年層のうちからの自己処理解放高校生のうちからムダ毛の自己処理を繰り返すことで、肌には大きな負担がかかるものです。

また、高校生という若年層のうちから自己処理に追われるのは、精神的にも肉体的にもデメリットが大きいものでしょう。

 

脱毛サロンで脱毛してしまえば、そんな煩わしい自己処理から解放されることになるのです。

メリット②肌にあった施術

肌を傷つけない高校生の年代の肌は、まだまだ大人ほど完成されたものではなく、とてもデリケートなものです。

早いうちから自己処理によって肌を傷つけるのは、好ましくありません。

 

脱毛サロンでの脱毛は、高校生のデリケートな肌をきちんと守りながら施術してくれます。

高校生の肌や毛質に合った光を照射しながら施術することで、肌を傷つけずに脱毛することが可能です。

メリット③自分に自信が持てる

見た目に自信高校生といえば、体育の時間や部活動の時間など、素肌が露わになる機会は非常に多いものです。

学校の行事となれば、制服や衣類で隠すわけにはいかないことも多いでしょう。

そんな中で、ムダ毛を気にしながら肌を露出しなくてはいけないことへの精神的ダメージは、計り知れないものです。

 

高校生のうちから、ムダ毛が多い自分の身体にコンプレックスを抱いてしまうことにもなりかねません。

そんな悩みをもつくらいなら、思い切って脱毛してしまうことで自分に自信が持てるようにもなるのです。

 

自分の姿に自信が持てるようになれば、すべてにおいて自信がもてる可能性も秘めているのです。

デメリット①費用

費用脱毛サロンに通うことの1番大きなデメリットがこれでしょう。

脱毛サロンに通うには、それなりの費用がかかってしまいます。

そのため、保護者の助けを必要とする場合が多いことから、保護者のサインを必要とする脱毛サロンがほとんどです。

 

隠れてサロンに通うよりは、保護者の方にもしっかり相談してから始める方が、安心して確実な脱毛の施術を受けることができるはずです。

デメリット②効果に個人差がある

効果高校生の肌や毛穴の成長は、ある程度大人と同等のところまで近づいていますが、大人ほど完成されているとは言い切れないものです。

そのため、毛が生え変わる毛周期も不安定であり、女性ホルモンのバランスも不安定です。

不安定な毛周期に、脱毛のための光を照射しても効果が得られない可能性があったり、新しい毛母細胞が誕生することで、さらなる照射が必要となったりします。

 

毛根や毛母細胞がいまだに成長段階にあると、脱毛の効果が発揮されなかったり、実感できるまで時間がかかったりする可能性があることを把握しておく必要があります。

関連記事

  1. 脱毛知恵袋

    脱毛サロンで正しく脱毛!脱毛の仕組みを知って美しい艶肌を手に入れよう!

    夏が近づくと、女性は特にムダ毛が気になってきます。肌の露出が増える季節…

  2. 脱毛知恵袋

    脱毛は毛周期に合わせる必要が…ない!?脱毛サロンと施術間隔の関係。

    脱毛は毛周期に合わせて行う必要がある―、これはサロンなどで脱毛を行う場…

  3. 脱毛知恵袋

    自己処理をする方法と脱毛サロンで脱毛する方法のそれぞれのメリットとデメリット

    暖かい季節になると薄着をするようになるので肌の露出も多くなってくる事で…

  4. 脱毛知恵袋

    脱毛サロンと脱毛クリニックの違いとは?

    そんな感じで聞かれたので、今回はサロンでの脱毛とクリニック…

  5. 脱毛知恵袋

    脱毛すると、なぜ肌がキレイになるの?

    「脱毛をすると肌がキレイになっていく―。」これは脱毛経験者から…

  6. 脱毛知恵袋

    脱毛と除毛の違い… それを知らないといけない理由。

    脱毛の方法にはいくつかしょ種類があります。ただその前に…、あなたがやっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. トリア 電源ON
  2. トリアひげ脱毛
  1. 脱毛サロン一覧

    【ビー・エスコート】口コミや紹介でやってくるユーザーが7割。キャンペーン料金は驚…
  2. 脱毛サロン一覧

    ミュゼ・プラチナムの脱毛効果や料金ってどうなんですか?
  3. 脱毛知恵袋

    脱毛すると、なぜ肌がキレイになるの?
  4. 脱毛知恵袋

    高校生だって脱毛サロンで脱毛したい!うらやむほどの美しい艶肌を手に入れよう!
  5. 脱毛サロンガイド

    ニキビ肌・アトピー性皮膚炎・敏感肌でも脱毛出来るサロン。それだけではない理由とは…
PAGE TOP