未成年の脱毛

中学生の脱毛は早くない!中学生におすすめのエステサロン・クリニックと家庭用脱毛器のまとめ

中学生にもなると、気になってたまらないムダ毛…
我が家にも高校生と大学生の娘がいますが、2人ともムダ毛を気にし始めたのは中学生の頃でした。

私自身毛深いので、娘たちにも脱毛をさせたいと思いましたが、中学生では早いのではないか?という心配、また費用面での心配があり、CMや雑誌で見たことのある脱毛サロンクリニックのHPを隅々まで見たり、口コミ情報を調べたりしました。

ここでは、中学生の娘さんがいらっしゃる方に向けて、中学生が脱毛する場合、セルフ脱毛・エステ脱毛・医療脱毛のメリットデメリット、費用をまとめてみました。

中学生が脱毛を考える時に、注意すべき点

脱毛は、少なからず肌へのダメージを与えますし成長期ゆえの影響も考えられます。
中学生ならではの注意点があるので、希望している脱毛部位・お子さんの成長具合や毛質を見て脱毛方法やクリニック選びをしましょう。

中学生でも施術可能なサロンやクリニック

年齢制限のない脱毛サロンやクリニックは増えてきていますが、何らかの条件があることが多いです。
親の同意書や同伴、生理が安定していること、一人でじっとしていられることなど、中学生になりたての時期は条件に合うかどうか判断が難しい方もいるかもしれません。

親の同意や同伴は、多くのところであるため、納得のいくサロンやクリニックだった場合は、お母さまもお子様の脱毛をサポートしてあげてくださいね。

中学生はまだ成長期

中学生は、成長期まっさかり。
ホルモンも安定しておらず生理も不安定なことが多いため、例え医療レーザー脱毛をしても、再び生えてくる可能性があります。
一般的に体毛は、成長期のうちは増えていくものなので、今は生えていない毛穴から、将来生えてくることもあります。

これを聞いて頭に浮かぶのは、「お金をかけて脱毛しても、無駄になるんじゃないか?」ということだと思います。

確実性で言えば、体ができあがった高校生か大学生で始めるのがよいのですが、それまで待てない気持ちもよくわかります。

この時期の脱毛は、とりあえず一番気になる部位だけ脱毛をしたり、安めのサロンやクリニックを選んだり、また生えてくることも視野に入れて選ぶとよいでしょう。

中学生の肌は弱い

中学生の肌は、大人の肌よりも弱くて敏感です。
ちょっと汗をかいてだけでヒリヒリとしたり、日焼け後のチリチリ感が大人より敏感だったり、虫刺されで大きく腫れたり…
日常生活でも、「この子肌が弱いわ」と思ったことはないでしょうか?

若いころは、刺激に弱いもの。
脱毛は少なからず肌に負担を与えるものであることは、念頭にいれておきましょう。

痛みに敏感な時期

中学生は大人のようで、まだまだ子ども。
大人よりも我慢の範囲が狭いです。
痛みに弱い子は、クリニックでの脱毛はちょっと辛いかもしれません。

毛が密集しているほど痛みは強いので、脱毛したい部位の毛の濃さを考えて選びましょう。

中学生におすすめの脱毛は?

中学生でも施術可能なエステサロン・医療クリニックはいくつかありますが、何を基準にして選ぶかが重要です。

この先、再び生えてくる可能性を考えると
・1回あたりの値段が安いところ
・回数制限のないところ(脱毛し放題)
・自宅で自分でできる家庭用脱毛器

肌に優しいものを選ぶなら
・エステサロンでの光脱毛

痛みが少ないものを選ぶなら
・エステサロンでの光脱毛(特にディオーネはおすすめ)
・家庭用脱毛器

がおすすめです。

中学生でも施術可能な医療系脱毛

医療系レーザー脱毛は、脱毛効果はありますが
値段や痛みを心配される方が多いです。

確かに、エステ脱毛と比べると値段は高いですが、全身脱毛をするなら結果的にエステより医療系が安かったという声もあります。
パワーが強いので、1回でもそこそこの効果が感じられますし、ワキであれば5~6回で終わるので、通院回数が少なくてすむのも魅力的。

中学生であれば、「ワキだけ」「Vラインとワキ」くらいで始める方が多いと思いますが、これらの部位はレーザー脱毛でもだいぶ安くできるようになりました。

特にワキは、エステサロン並みに安くなっているところもあります。
痛みさえ我慢できれば、医療脱毛(特にワキ!)はおすすめです。

湘南美容クリニック

業界最大手の湘南美容クリニックでは、特に年齢制限をもうけていません。
一人でじっとししていられることが条件ですが、中学生であればあまり心配はいらないでしょう。

湘南美容クリニックの魅力は、全国で75医院(2018年6月現在)もあること、通いやすい距離にあると安心です。
そして部位別の脱毛が他に比べてやすいことです。
特にワキの安さは、エステサロンなみ。

まずはワキだけと考えているなら、湘南美容クリニックは最適だと思います。
肌トラブルがあっても、病院なので診察をして薬も出してもらえる安心感がありますが、痛みや肌への影響は個人差がありますので、よく相談してみてくださいね。

ワキ脱毛
1回500円(税込)
6回1000円(税込)

リゼクリニック

リゼは、14歳未満は契約ができませんが、高校生以下であっても親権者の同伴があれば契約することができますので、中学2~3年生であれば選択肢の1つとして検討の余地があります。

リゼは全国15医院(2018年6月現在)。
丁寧な施術と安心感のあるサポート…というと、ちょっと漠然としておりますが、例えば肌トラブルなどがあった時、診察代も薬代を保証してくれます。

また、安い医療クリニックですと脱毛当日に剃り残しがある場合、剃毛が追加料金となる場合がありますが、リゼは無料。キャンセル料や打ち漏れによる追加照射の料金もかかりません。

私が、リゼで魅力的だなと思ったのは、3種類の脱毛器を完備していること。
肌質・毛質に合わせてマシーンを選ぶので、トラブルが起きにくく効果も出やすいんです。
ちなみに、湘南美容クリニックでも3種類マシーンがありますが、クリニックごとに取り扱い機器が異なります。

リゼの一部医院では、学生キャンペーンもあるので、中学生のお小遣いの範囲でもワキ脱毛が可能ではないでしょうか。

ワキ脱毛
5回 4,900円(税込)

中学生でも施術可能なエステサロン系脱毛

エステサロンの光脱毛は、照射パワーはレーザー脱毛にかなわないものの、痛みがほとんどなく肌に優しいことが強みです。
店舗数も多く料金も安いので、若い人でも気軽に脱毛の門をたたくことができます。

回数の目安は、毛の濃さにもよりますがレーザー脱毛の倍ほどは見ておいた方がよいでしょう。
ワキだと、12回~が目安です。

ディオーネ

子どものための脱毛をうたっているほど、キッズ脱毛に力を入れています。
痛みがなく肌に優しいハイパースキン脱毛を採用。
なんと3歳のお子様から通うことができます。

保護者の方がハイパースキン脱毛を体験し、痛みのなさや安全性を実感してから契約ができるので安心です。
店舗数も全国120店舗以上、ミュゼに続く大手サロンです。

両ワキ
6回  15,000円(税別)
12回 24,000円(税別)

12回で満足しない場合は、追加照射2,000円/回でできます。

エピレ

脱毛と言えば、私の時代ではTBC一択でしたが、エピレはそのTBCグループの脱毛サロンです。
7歳から脱毛が可能です。

光脱毛は、歴史が浅いためデータが少ない…といった懸念もTBCグループなら安心。
40年にわたる脱毛実績があるので、中学生にもぴったりの脱毛が提供できるのです。

エピレには、お試しプラン(ファーストプラン)があるので、気軽にスタートすることができます。

両ワキ(はじめて割)
6回  500円(税込)

追加で申し込む場合は、回数によって料金が変わります。
6回 13,500円(税別)

ミュゼプラチナム

業界最大手のミュゼ。
年齢制限はありませんが、生理をむかえられ毎月順調に生理がきていることが契約の条件となります。
ただし、脱毛回数に制限のない「完了コース」は16歳以上でないと受けられず、中学生だと6回までとなっています。

光脱毛の場合は、6回で満足する結果を出すのは難しいですが、ミュゼより安くできるエステサロンはまずありませんので、お試ししてみたいなという時にはよいかと思います。

私もミュゼに通っていたことがありますが、この値段でこんなにしてもらえていいのかな…と思うくらい、丁寧な施術でした。(私の時は500円で通い放題)
ほとんどの店舗が、駅近もしくはショッピングモールの中など、通いやすい場所にあります。

中学生でもできる家庭用脱毛器

自宅でいつでも自分でできる家庭用脱毛器も、脱毛法の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?
エステ並みの効果を自宅でできるのが魅力です。

家庭用脱毛器の中でも、中学生が使えるものは限られてきます。
家庭用脱毛器で調べると必ず目にするケノンとトリアは、中学生にはちょっと強いようです。
ケノンは、20歳以上が購入条件であり、トリアは説明書に未成年者の使用は禁止と明言していますので、今回は中学生でも使用できる家庭用脱毛器をご紹介します。

PHILIPS 光美容器 ルメア

ルメアは、14歳以下の方への使用はすすめていませんが、15~18才の方は保護者の同意のもとで使用できます。
ヨーロッパ市場売上はNo.1で、2回の使用で効果を体感できるほどの効果があります。

家庭用脱毛器は、自分でやる以上安全性が心配されますが、ルメアは自動で肌色を測定し対応できない肌色の時は照射を自動停止する機能があります。
中学生は学校や部活で日焼けもしやすい時期なので、これにより火傷のトラブルを軽減することができますね。

値段は4万~6.5万ほどですが、家族全員で使えますし、全身脱毛をすることも夢ではありません。
エステやクリニックでは、料金的に諦めた部位も家庭用脱毛器であれば自分で脱毛することができるのが嬉しいですね。

家庭用脱毛器をおすすめしたいのは、特に近くにエステやクリニックがない方、ワキだけではなくいろんな部位を脱毛したい方です。

中学生が脱毛することについて

私は娘たちの脱毛をしてから、以前持っていた「中学生で脱毛なんて早い!」という考えはなくなりました。

お風呂の時間も短くなり、テスト勉強中に毛抜きをすることもなくなりました。
小学校高学年くらいからいやがるようになったプールの授業や温泉も、今は楽しんでいますし、下の娘は水泳部に入って頑張っています。

毛がなければ楽しめたはずのことを、今までは毛に意識が行ってしまい楽しめなかったんですね。

大げさかもしれませんが、ムダ毛を気にするあまりに持っている才能を引き出せないかもしれない子もいるかもしれませんし、おしゃれな服を着たくても我慢・プールに入りたくても我慢という生活は、必要以上に卑屈になってしまうこともあるかもと思うんです。

脱毛1つで自信がついて、できることの幅が広がるのであればいいかなと思います。

ただし、脱毛は親がお金を出すものと思ってもらっては困るので、我が家はワキとVラインのみで申し込みました。
他は、働いて自分のおかねでやれるようになってから考えればいいかなと。

中学生の脱毛方法やエステ・クリニック選びの参考になれば幸いです。

こちらの特集記事もいかがですか? 脱毛キャンペーン 脱毛スプレー「ケナイン」はこちら

 

関連記事

  1. 未成年の脱毛

    中学生でも脱毛したい!親を説得するための5つのポイント

    お小遣いを脱毛費用の一部にしよう。脱毛にかかる費用は、医療脱毛かエステ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ラココ(Lacoco)
  2. ストラッシュ
  3. 脱毛キャンペーン
  4. SHR方式の家庭用脱毛器
  5. SHR脱毛とは?
  1. セルフ脱毛

    ブラジリアンワックスは痛い?痛みを軽減する正しいやり方。
  2. 脱毛知恵袋

    脱毛中にこれだけは持っておきたい、おすすめのカミソリ
  3. ケノン ひざ下

    家庭用脱毛器

    家庭用脱毛器ケノンで足・ひざ下を脱毛してみた【1回目レポート】
  4. 脱毛サロン一覧

    ミュゼ・プラチナムの脱毛効果や料金ってどうなんですか?
  5. ストラッシュ

    脱毛サロン一覧

    STLASSH(ストラッシュ)は回数無制限プランがお得で1番人気。
PAGE TOP